男児を出産し、初めての初節句に近付いた時期、五月人形を

購入するかどうか主人と相談しすごく迷いました。自宅に

は、飾る場所や収納出来る場所がないのでどうしようかと悩

みましたが、まず五月人形にはどんな意味があるのかなと思

い自分たちで調べました。五月人形は、男子の誕生を祝い、

無事に成長し・強く・賢い大人になるようにと願いを込めて

5月5日男の子の端午の節句に飾る人形らしく、江戸時代から

続いている長い歴史だそうです。そんな飾る意味があるのな

ら購入してもいいのではないかと思い、ましてや初めての子

供なので初節句に飾る五月人形は、私の実家で購入してもら

いました。少々、値段もすることで負担をかけたくなかった

のですが、実家の親は可愛い孫のためと喜んで購入に至りま

した。なんせ私の実家が、遠いので一緒に選ぶことは無理で

したが、どんな種類がいいのかコンパクトなサイズがいいな

ど、こちらの好みのタイプを伝えたかったのですが、実家の

親の気持ちがありがたかったので、せめて場所を取らないタ

イプの五月人形でと一言。後は、実家の親に任せて兜飾り

ケース入りを購入してもらいました。昔からのならわしな

ど、今では省略してしまうことがあると思いますが、こう

いった伝統があるのを改めて知り、子供の為に五月人形を購

入して良かったと思いました。

日本には古くからの風習があります。

例えば、ひな祭りです。

これは、女性を祝福するお祭りで雛人形を飾ります。

そして、男性のお祭りもあるんです。

それがこどもの日です。

端午の節句の5月5日に五月人形を飾ります。

お人形さんは時代劇に登場する武士のように立派な鎧や兜をかぶっています。

昔、鎧や兜は自分の身を守る役目として使われていました。

昔の武士にとって鎧兜は欠かすことの出来ないものでした。そして、守り神のような存在で讃えられていました。

それは、現代でも大事に受け継がれて、男の子が自分の身を守って健康に暮らしていけるようにという願いが込められています。

ですから、今では鎧や兜は願掛けなのです。

おまじないのような役割をしています。

五月人形の顔はとても可愛くて、ずっと見てしまいますね。

鎧や兜の意味を意識したことがなかったという人は、けっこういるのではないでしょうか。

鎧や兜は人形に負けないくらい大事なものですので、

ほこりがついていた場合は、綺麗にしてから飾るようにしましょう。

五月人形と言ってもいろんなお顔があります。

こどもの日が近づくとお店から広告が入ってきます。

小さいお人形よりも大きなお人形のほうが高いです。

そして、鎧や兜が素敵なものほどお値段がします。

そういう特徴がありますので、気を付けて見ると面白いですよ。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。